アデノウイルス

アデノウイルス

 

これは子供がアデノウイルスにかかったとこの話です。

 
日曜日の朝、娘が辛そうなので熱をはかったら38℃の発熱があり、

近所の総合病院が当番医院だったので受診しました。

 

その時血液検査をして、風邪と診断さて抗生物質を処方されました。

 

薬を飲んで3日たっても全く熱が下がらず、それどころか40℃近くまで

上がることもあり、心配になり再度受診しました。

 

そこで再検査の結果「アデノウイルス」と診断されました。

 

このアデノウイルスというのは抗生物質物が効かず、特効薬もないので

自然に治るのを待つしかないと言われました。

 

ただ、糖分を取ると良いと言われアイスを少量あげたり、バナナのポットケーキを

食べさせた。

 

このとき私達は海外に住んでおり一時帰国の最中での感染でした。

 

アデノウイルスは渡航禁止のウイルスで、ちょうどエボラ出血熱が流行っていた時なので

入国の審査も厳しく帰りの飛行機を延期しようか悩みましたが、医師からは一週間程度で

収まると言われたのでそのまま帰国する予定でいました。

 

しかし一週間たっても娘の熱は下がりませんでした。

 

というか、夜寝ているとき汗をかいて熱が下がって一安心していると夕方位から

熱が上がり始め夜中にはまた38℃程の熱が出るというのの繰り返しでした。

 

私の中で発熱は汗をかいて熱が下がればもう大丈夫!のようなイメージがあり、

実際に今まで娘が病気になってもそうだったので、このアデノウイルスの時は

予測がつかず今平熱でもいつ上がるか解らないというものでした。

 

発熱中何度か病院を受診しましたが、やはり本人の抵抗力で病気に

勝つ以外方法はないと言われ、食べれるものを食べさせ、なるべく笑わせて免疫力を

上げるなど思いつくことを全てやり、なんとか発熱から10日で完治しました。

 

そして無事に飛行機にも乗ることが出来たのですが、本当にヒヤヒヤしました。

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ