脳の難病のもやもや病になってしまいました

もともと子供のころから私は頭痛もちで常に頭が痛くそれが

当たり前の生活になっていました。

 

ですから頭痛はがまんするものだとずっと考えていたのです。

 

そんなある日35歳の時でした。

 

その日はとても寒い冬の日で早くベットに入り眠ろうとしていました。

 

しかし突然頭痛がやってきたのです。

 

最初はいつもの頭痛だと我慢していました。

 

今までもそうやってきたものですから。

 

しかしその日の頭痛は違っていました。

 

激しい嘔吐、けいれんが起こり主人があわてて救急車を

呼び搬送されました。

 

検査の結果脳出血をおこしていて家族が全員病院に

呼ばれました。

 

私はほとんど記憶がない状態でしたので当時の状況は

よく覚えていません。

 

理解できるようになったのは1週間くらいしてからです。

 

幸いにも後遺症も残らず退院できましたが原因は

脳の難病のもやもや病だとわかり難病申請をしました。

 

今は定期的に通院し様子を見ています。

 

頭痛は相変わらずあります。

 

手術はしていません。

 

薬と自宅療養でなんとか生きています。

 

仕事も正社員として勤務していましたが退職しました。

 

完治できない病気と知り精神的にもまいっています。

 

あとどれくらい生きられるかも医師にもわからないと言われてしまいました。

 

ゆっくり病気と向き合っています。

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ