大人になってからの咳喘息

元々、生まれつき気管支は弱かったですが、大人になるまでに

気管支の症状が悪化して困ったことなどなかったです。

 

それが、ちょうど22歳くらいになってから、原因はよくわからないですが、

環境の変化が影響したのか、生活習慣が悪かったのか、風邪を

引いてから咳がなかなか止まらなくなったのです。

 

普通なら数週間もすれば止まる咳が、2ケ月以上も続くことが

出てきたのです。

 

当時は、タバコを吸っていたので、タバコが原因で気管支を

痛めていたから、咳が続くんだろうと思ってたのですが、

病院での診断は、「咳喘息」です。

 

風邪などを引くと、熱などはすぐに治まりますが、咳は咳喘息用の

お薬を飲まないと治らないです。

 

自然治癒を目指したくても夜になると咳がどんどん出て、夜中は

全く咳で寝れない状態になるので、しかたなく咳喘息用のお薬を

飲んでるしだいです。

 

とにかく、気管支を痛めるとすぐに咳が出るので、最近では

外出すればマスクを必ずしています。

 

予防の対策としては、根本的に治ることはないですが、

ならないようには出来ます。

 

マスクの着用や、風邪のシーズンが近づいたら気管支のケアを

毎日するのと、暖房や冷房を使わないことです。

 

暖房や冷房は気管支に良くないので、ここ最近は全く使用してないです。

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ