早く対処できる様になった膀胱炎

数年前に、初めて膀胱炎となりました。

 

 

急に夜中にトイレに行くと、尿の出が悪いのにトイレが近くて、

残尿感がいつまでも残っていました。

 

そして、そのまま違和感を感じて寝ると、朝には血尿まで出たのです。

 

膀胱炎なのかはっきりしませんでしたが、それ以外は思い付きませんでした。

 

途端に恐ろしくなり、病院に行くか悩みました。

 

でもそれは日曜日の朝だったので、ものすごく苦しみながら翌朝を待ちました。

 

その間もとにかく尿を出すにも痛くてたまらず、出るのも血尿なので

怖いし痛いしたまりませんでした。

 

翌朝やっとの事で近所の病院で診て貰い、貰った後すぐに薬をのんだら

半日くらいで楽になってきました。

 

そして、その後調べたら膀胱炎は癖になりやすいと知りました。

 

またこんな痛みがきたら大変だと思い、膀胱炎に効く漢方薬を

買い置きする事にしました。

 

また、少しでもトイレでおしっこの時に違和感を感じたらとにかく少しずつ

たくさんの水分を飲み、トイレに何度も行きました。

 

そしてゆっくり過ごす事に専念しました。

 

そうすると、多分膀胱炎のなりかけという状態からでも自然に治すことが出来ました。

 

膀胱炎は、風邪を引くのと一緒で免疫力が落ちていたりストレスが溜まってる時に

雑菌の力に耐えられず起きるようなので、それ以来は身体を疲れ過ぎな時は

休めてあげることにしています。

 

女性は男性よりも特に膀胱炎になりやすい傾向があると聞くので、今後も

注意してなっても早めに対処する事で辛い思いをなるべく少なく出来るように

生活しようと思います。

 

 

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ